FP試験問題対策

FP3級の出題範囲であるライフプランニング・資金計画のファイナンシャル・プランニングと倫理について。

  1. FP試験問題対策 >
  2. ライフプランニングと資金計画 >
  3. ファイナンシャル・プランニングと倫理

ファイナンシャル・プランニングと倫理

ファイナンシャル・プランニングと倫理

ファイナンシャルプランニングと倫理の出題範囲です。

FPに求められる職業倫理(職業的原則)

顧客利益の優先
金融商品・保険商品の紹介などの際、顧客に最も適切な商品を紹介しなければなりません。

守秘義務の尊守
知りえた情報は、きちんと管理し外部に漏れないように注意が必要です。

関連法規

税理士法・弁護士法・保険業法・金融商品取引法など関連業法を尊守する必要があります。
基本的には、一般的な相談が主となり、代行・書類の作成・助言等はできません。

関連法規 FPとの関係
税理士法 具体的な税務相談や税務書類の作成等は禁止
一般的・抽象的な相談のみ可能
保険業法 保険契約の募集・勧誘等は禁止
勧誘を目的としていない相談・説明にとどめる
金融商品取引法 投資の助言・代行等は禁止
講演など不特定多数に株式の推奨をすることは可能
統計データや過去の有価証券の値動きなどのデータの提供も可能
弁護士法 訴訟の代行・具体的な法律相談は禁止
法律の相談は一般的な内容にとどめる

Copyright (c) 2011-2017 FP技能士3級(ファイナンシャルプランナー)試験問題対策・勉強法 All right reserved